« 寝姿以外が撮りたい | トップページ | リッキー、リボン屋さんになる »

2006年11月24日 (金)

橋のたもとへ行った猫

今日は、とても悲しいことがあった。
いつもの散歩コースの真ん中に、赤ちゃんではないけれどまだ子供の小さな猫・・オレンジのキジ猫が横たわっていた。こんなところでひなたぼっこ?!と思って近づいてみたら・・・
車にでも轢かれたのだろう。息をしなくなってから、もうかなりの時間が経っているようだった。痩せこけた体には、昨夜の雨で流されたのか血はついておらず、周りに、雨なのか、体から流れ出たものなのかわからないけど、小さな水溜りが出来ていた。
こんな冷たいアスファルトの上で、雨に打たれながら、ひとりぼっちで死んでいったの?!
そう思うとたまらなくなった。寂しかったろう。痛かったろう。どんなにか苦しかっただろう。キミは、生まれて1度でも、美味しいものをお腹いっぱい食べたことがあった?暖かい毛布にくるまって眠ったことがあった?
一旦家に戻ってリッキー置いてまた来よう、早く連れて行ってあげよう、と立ち上がったところに前の家の奥さんが出て来て、このコは、お母さん猫と一緒にこのへんに住みついていた猫だと言った。「でも、お母さん猫の姿が見えないんだけど」
1時間前に市役所に頼んであるから、もうそろそろ片付けに来てくれるはずだ、とも言った。ということは、ゴミのように処理されるのだ。ゴミのように片付けられるのがわかっていて、私は何もできず、すごすごと帰ってきたのだった。ごめんね、何もしてあげられなくて。

交通事故に遭って以来、車が来たら止まってよける、行き過ぎるまで「待て」をするように一生懸命教えてきたから、リッキーは、「車!」とか「車来たよ」と言うと、道の端で待つようにはなった。が、相変わらずバイクには向かっていきたい気マンマンだし、もしもひとりで出歩いたら、まず事故に遭うだろうと思う。
どうせ助からないだろうとか、治療代のこととか、元気になったとして誰が飼うのかとか、いろいろあるだろうけど、やっぱり、はねたらすぐに病院へ運んでやって欲しい。放って行くなんてひどいよ。あんなところに放置して、たったひとりで死なせるようなこと、そんなことだけはしないで欲しい・・・。


2006_11_1
ママが沈んでると、ボクもなんとなくブルーになるのだ



ミスチル「しるし」のプロモを観ていたら、桜井さんがアップになったところで娘が「コトー先生に似てるね」だと!(°◇°)~ガーン
でも言われてみればそうかも(笑)

|

« 寝姿以外が撮りたい | トップページ | リッキー、リボン屋さんになる »

コメント

きっとこのテンプレート見れると思ってました。雪がずっと降っていてかわいいね~
ごめんなさい、いっぱい更新されてました。
クリスマスのディズニーランドも絶対一度は行ってみたいの~いいな、いいな。今年は無理かな~
寝ている写真が多いのは我が家も同じ。でもこの無防備な姿写したくなっちゃうのよね~私大好きだよ!!
がけっぷちのワンちゃん私もドキドキしてました。もう少しネット上げてくれたら一度もぶつからずに網に飛び込めたのにね・・ケガしなかったかな?麻酔で暴れないようにしていると聞いたときは弱っているだろうし大丈夫かと心配になりました。麻酔という言葉に敏感なものですから・・・来年になれば新しいお家にいけそうですね。幸せになって欲しいです。
そしてネコさん。かわいそうですよね~なぜ飛び出しちゃったのかな?ノラ猫さんで生まれてしまった運命でしょうか?それにしてもゴミなんですよね。それも辛くて・・・

投稿: あぴこ | 2006年11月24日 (金) 23:40

リッキー君事故に遭っていたなんて・・・以前の記事を読んでびっくりしました。
WANの飛び出しには注意をしないと再認識しました。

投稿: ゆうたの姉御 | 2006年11月25日 (土) 16:14

全てのワンニャン、動物たちが幸せに生きられないとはわかっていても
(人間もだけれど)、猫っていうのは目に付く事が多いだけに辛いね…

私も何度か今回のはるかちゃんと同じようなことに遭い、
そのたびに胸苦しさに耐え…

そうそう、ミスチルの歌がむしょうに聴きたくなって、
さっきCDを図書館に予約したの。
(えらいでしょ?最近節約に目覚めたのよ!)
ミスチルと言えばはるかちゃんなので(笑)、こちらへ来てみたら
やっぱりミスチルのことが書いてあった(*^▽^*)

投稿: ヒロト | 2006年11月25日 (土) 16:23

ウワーン(ノдヽ)。"¨‥`'※☆;:,.
こういうの苦手な話です。
そういえば以前に、拾った猫が、結局ネコ風邪引いてて、お医者さん連れていったけど死んでしまったことがある。
家の近くの原っぱに大きな木があったので、それを目印に埋めてあげたけど、今ではそこも整地されてわからなくなってしまいました。(T_T)
動物にすれば自然のままがいいと思うけど、人間本位の生きにくい世の中。まだきちんと飼われる方が幸せなのかと。

投稿: snow-cloud | 2006年11月25日 (土) 22:35

つらいですね・・・
道端で車に轢かれてしまった猫は見たことある人多いですよねきっと。
轢いた人は何の罪にもならず、平気でいるんですよねきっと。人間なら、罪になるのに・・・
はるかさんのその気持ちは子猫にきっと伝わっていると思いますよ~
その子猫ちゃん虹の橋で、誰かと出会えるといいですね。

桜井さんと=コトー先生・・・聞かなかったことにしときま~す^_^;

投稿: ひなた | 2006年11月25日 (土) 23:58

ううう
辛いですよね
大人になると、どうすることもできないことがあまりに多くて、嫌になることがあります

私、小学生の時、学校の飼育小屋のカナリヤが逃げちゃって、「このままじゃ死んじゃう」って、授業を抜け出して探しに行ったことあります。
あの純粋さは、今はないのだろうな・・・

投稿: つちまま | 2006年11月26日 (日) 01:15

★あぴこさん
全部読んでいただいたみたいで、ありがとうございます(^o^) 夜でも祭日でも野良でも受け付けてもらえる動物救急があったらいいのに・・で、最後もゴミじゃなくしてもらえるところ!なんて思ってるけど、処分施設があるくらいなのに、そんなのダメか(T_T)やっぱ、がけっぷちワンコはラッキーなコですね。そうそう、弱ってるだろうに麻酔なんかかけて、、頭に布でもかぶせて目隠しすればいいのに!って心配でしたが、前足も折れたりしてなかったようで、よかったです。幸せになって欲しいですね♪
ランドはクリスマス激混みなのでシーに行きましたが、レストランはすっごく混んでました~、、でも、美味しかったからヨシとします^^
テンプレ、クリスマスまでにまた増えるかな?すぐ変えたくなっちゃうんですよね(^^ゞ

投稿: はるか | 2006年11月26日 (日) 11:53

★ゆうたの姉御さん
そうなんですよ~(>_<)一緒にいてそんなことありえないと油断してたんですよね、、。未だに、リッキーが車にはねられる夢を見て飛び起きることがよくあります、、、

投稿: はるか | 2006年11月26日 (日) 11:55

★ヒロトさん
おぉぉぉ図書館で!えらい~見習わなければ。ウチ、貯金ゼロだし(≧∀≦)
たまにはいいでしょ、ミスチルも♪是非ビデオも見てみてね。コトー先生だから(笑)
私、こんな光景に遭遇したの小学生の時以来だったもんだからも~立ち直るのにすっごく時間がかかりました(T_T)でも、そうよね、人間だって、病院へ運ばれるどころか山に捨てられる時代だものね、、やだわもう。。

投稿: はるか | 2006年11月26日 (日) 12:01

★cloudさん
苦手・・だよね、ごめんね道連れにして^^;なんかずっと気が晴れなくて・・つい書いてしまった。私も、子供の頃拾った子猫、死んじゃったことあったなぁ。庭に埋めたけど・・。野良が生きてゆける環境はここらにはないから。。保健所つれてくより捨てる方がマシとか言わないで欲しいよ、、(T_T)

投稿: はるか | 2006年11月26日 (日) 12:09

★ひなたさん
それが意外に似てるのよ!目のたれ具合といい鼻の形といい(≧∀≦)
リッキーが来るまで殆ど歩かない生活だったからw今回のようなことには私、あまり遭遇しなかったんです・・ショックでした。でも、そうですよね、多いんだろうな、そのまま行っちゃうことって・・・たまらんですね(T_T)

投稿: はるか | 2006年11月26日 (日) 12:14

★つちままさん
そそ、役所に頼んであるんだから触らないでよ、みたいに言われるともう、、(ノ_・。)どんなに可哀想だと思ってても何もできないの。あーだこーだ、こんなところでグチるだけ。情けないね。
授業を抜け出してカナリアを?!うわ~そんな女の子、私が男だったら絶対惚れてるわ!

投稿: はるか | 2006年11月26日 (日) 16:33

車を運転していると、田舎なせいか、度々猫や犬、狸などの死骸にも遭遇します。
結局踏まないようによけてあげるくらいしか出来ない自分がいます。
勤め先の動物病院にも時々交通事故の犬猫が運ばれてきます。
轢いた本人じゃない若いカップルが子猫を連れてきた事もありました。
その子は結局助からなかったみたいでしたが、そういう優しいだけじゃない、勇気ある人に感動しました。

投稿: ぷろきおん | 2006年11月27日 (月) 12:05

★ぷろきおんさん
いい子たちだなぁ~~~(T^T)そういう若者もいるんですね。助けたい、と思う人もいれば捨てる人もいて・・
そう、救いだったのは、倒れていたところが住んでる人しか使わないような路地で、滅多に車が通らないこと。上をどんどん車が走ってゆくようなところだと、ほんと残酷ですよね、、

投稿: はるか | 2006年11月27日 (月) 16:14

ものすごく切ない。
これはかなり凹むね。

でも、はるかさんのやさしい気持ちで、その小さな命も少しは報われた気がする。
避けるように足早に立ち去ってしまう人が多い中、立ち止まってそのこの事を想ったのだもの。
元気だして。

リッキーくん、交通事故にあってたのね。
これはものすごくショックだったでしょう。
わたしもトトが間一髪だったことがあって、その時は頭が真っ白に。
あまりのショックに、家に帰って号泣したもの。
リッキー、元気になって本当に良かった。

投稿: ベレー | 2006年11月28日 (火) 01:29

この間、滑りに行ったとき、高速の道の真ん中で狸がはねられているのを見た。
もともと獣道があったのに、そんなこと関係なしに道路造っちゃうから、こうなるねんな。
カナダ・バンフでは高速の横はネットでずっと覆われていて、ところどころ高架の下に高速を横切れるように動物用の誘導路を造っていた。
自然や動物に対する考え方が違うんでしょうね。日本なんか、狸マークの注意標識立てるのが関の山。

ところで、マタギのように毛皮の尻皮が欲しい。(ボードのBINに足を固定するとき、雪の上に座るから、結構お尻が濡れるんです)はねられた狸を見て、一瞬、毛皮欲しい!と思ってしまったm(_ _)m

投稿: snow-cloud | 2006年11月29日 (水) 10:15

★ベレーさん
そんなことがあったのね!(>_<)<トトちゃん わかるわかる、想像もしてなかったくらいの、、、すごいショックなんだよね、、。でもよかった無事で。ほんとよかった・・ウチなんかひどい目にあわしちゃってさ(;_;)けど、うん、よかった。。ありがとう!
これ読んだ人に、こういう動物を見て可哀想可哀想って言っちゃいけないと、「もうエサ探して回らなくてよくなったね、ラクになったね」って思わないとダメだといわれちゃった。そうね、と思ったが・・やっぱせつないよね、、

投稿: はるか | 2006年11月29日 (水) 15:19

★マタギさん
このふとどきもの!(笑)毛皮なんてさー手入れが大変じゃない?フェイクが一番よ。
すごいね誘導路作るなんて。尊敬しちゃうよカナダ人!となりの町田市にも山を崩して作った道路で、しょっちゅう狸がはねられて・・どうやらそこが狸の通り道だったらしい。柵でもネットでも作ればいいのにね。って、それも10年ほど前の話。今はもう狸がいなくなってしまって事故もないみたい。お互いふいをつかれるとよけきれないものね。はねられるのもいやだけど、はねるのも絶対いやだ(>_<)

投稿: はるか | 2006年11月29日 (水) 15:30

似たような経験あります。
何も出来ない自分を情けなく思いました。

リッキーちゃん、事故にあってたんですね。
驚きました。
大事無くて良かった!
うちも車には異常なまでに神経使います。
ワンは動くものを追いかける習性を持ち合わせているからね。
気をつけなくちゃ!うん!

先日はご訪問有難う!!
これからも宜しくです(^^)

投稿: 小鳥 | 2007年8月 6日 (月) 16:28

★小鳥さん
こちらこそ、しかもこんな昔のまで読んでいただいて
ありがとう!よろしくお願いしますm(__)m
こんなことありましたか・・ほんとにねぇ・・
何にもできないんですよね。せつない(;_;)
リッキーが事故に遭う前には、是非ともリッキーに弟を!
なんて考えていたのですけど、あの一件ですっかり
2ワンを安全におさんぽさせる自信がなくなってしまって、、、
以来、その思いは胸の奥に(^^ゞ
ほんとは小鳥さんちみたいなのが憧れなのです~♪


投稿: はるか | 2007年8月 6日 (月) 21:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寝姿以外が撮りたい | トップページ | リッキー、リボン屋さんになる »