« パワーの源 | トップページ | もう9月 »

2007年8月27日 (月)

子ガメ放流体験

静岡県浜松市、日本三大砂丘のひとつ中田島砂丘は、数少ないアカウミガメの産卵地でもあります。先日、ここへ行って来ました。


Skirg



産卵を助けるべく海岸を整備すると共に、卵を保護して子ガメを放流しているサンクチュアリネイチャーセンター(母体は、サンクチュアリエヌピーオーという特定非営利活動法人)を通じて、子ガメの放流に参加させてもらう為です。


K_sc


一昨年初めて体験し、娘がもう1度!というので再びお願いしてみました。
先ず、センターの2階でスライドを見ながら、ウミガメたちや自然環境について、砂浜の整備や卵の保護が必要な現状、保護活動の内容などのお話を聞かせてもらいます。



K_fj

保護した卵は砂丘の一角に移し、お母さんカメがしたのと同じように50cmほど砂を掘って埋めてありました。



K_fjn


本州で産卵するウミガメはアカウミガメだけ。アカウミガメは、5月~8月、1回平均110個、10日から2週間おきに3回位、卵を産むそうです。
何故、こんな頑丈なオリの中に保護しなければならないのか?



Nayami

それは、飲食店へ売る目的で盗ってしまう人がいたり、砂浜に乗り入れた車につぶされたりするから。砂浜についた轍は、産卵に来たお母さんカメの進路、生まれた子ガメの行く手をもさえぎってしまいます。



Nakama


折角この浜へ辿り着きながら、車の轍にはまり動けなくなって命を落としたり、クラゲと間違えて食べたパンやお菓子の袋、レジ袋、美味しい海藻にからみついていて一緒に食べてしまったビニールひもやプラスチックごみのせいで死んでしまうお母さんカメも。



Ruto


そして、無事に孵化しても、わずかな光、海面の明るさをたよりに海へ向かう子ガメたちは、街明かりに惑わされ、今や海とは全くの逆方向へ向かってしまうのだとか。



K_sk


以前は海まで600m以上続いていた砂丘も、今は450m程しかありません。ダムが造られコンクリで固められた川から流れてくる砂は減り、工事用に持って行かれる一方。砂浜はどんどん減っているそうです。



K_shm


どうにもならないことはいっぱいあるけど、「ゴミを捨てない」「車を乗り入れない」 これは私たちに出来ること。




さて、いよいよ子ガメたちとご対面~♪


K_kk

なんてカワイイ!!



K_02_2

わずか6~7cmのちっちゃな体で、大きな海へ向かう気マンマン!ぱたぱた手足を動かしています。



K_01_p



K_03

さぁ、頑張って行っておいで!



K_4

GO!!



K_5


ぱたぱたぱたぱた・・・思わず、「がんばれがんばれ」と応援したくなる健気な姿です。近くでは学校単位でこの放流体験に来るところもあるそうですが、こういうのは出来るだけ沢山の子供たちに見て欲しいなぁ。難しい話をするより、この姿を見てもらいたい。そうしたら、ゴミなんて捨てたくなくなる。車で砂浜をめちゃめちゃになんてしなくなると思うから。



K_6

何度も何度も波に押し戻されながら、ひたすら海を目指します。



K_7

最後は波にのまれて



K_8

行ってしまいました。

・・・生き残るんだぞ~~~!

こうして旅立った子ガメたちのうち、無事に大きくなって、20年~30年後、再びこの海岸に戻って来られるのは、5000匹に1匹くらいではないかと言われています。厳しいね。



K_sh


その時にまた、この美しい砂浜が迎えてくれるように。
もっときれいになった海がありますように。




長いのに、読んでくださってありがとうございました!

あ、今日はリッキーくんの出番がありませんでした。
写真もこんなのしか・・・


2007_08_zz

エアコンの効いた部屋で、更に扇風機に吹かれてお昼寝中。



・・・子ガメが台無しになった気がする(;^_^A

|

« パワーの源 | トップページ | もう9月 »

コメント

中田島砂丘ですか?こんなふうに説明までして守っているのですね
チャチたちが遊んだ海岸にも産むんだよ。
産卵の時期には毎朝カメが歩いた跡はないかチェックする方がいます。そしてやはり柵のある場所へ保護するんです。
車が海岸へ入ってきますからね~盗む人もいるっていうし・・信じられません。何でもお金!ってなっちゃうのは嫌な世の中です
カメがこの海を覚えていてくれるってことがとても素敵ですよね。ずっと戻れる場所でありますように!!人が気をつけなくてはいけないですね。
リッキーちゃんの姿はうちのワンたちの姿でもあります。暑いもの、とにかくいい季節になるまで我慢しようね~

投稿: あぴこ | 2007年8月27日 (月) 22:04

★あぴこさん
そうそう、毎朝歩いてチェックされてるって言ってました。
遠州灘110キロの海岸のうち60キロくらいはこうやって
守ってあげられてるそうです。あぴこさんちの方でも
産むんですね、すごーい!いつまでも戻ってくる場所が
あるように、きれいで安全にしておいてやりたいです。
売るやつもいれば買うやつもいて・・いやですね。
絶滅危惧種が、場所によって天然記念物だったり
ただのカメだったりするのも不思議なハナシです。
4駆で走る人、ゴミを捨てる人の中には、こんなこと考えた
こともない人もあるだろうから、もっと知って欲しいですね。
リッキー、暑がりでどうしようもないです。早く涼しくならないかな~
そういえば、帰り足柄から60キロ渋滞で6時間かかりました。
さすがに遠かったよ~~!!(ToT)ダー

投稿: はるか | 2007年8月27日 (月) 22:36

徳島にも、日和佐海岸がウミガメの上陸・産卵地として有名です。でも、毎年上陸頭数が減少し、時期も遅くなっているようです。
記事を読ませていただいて、人間という存在の業の深さをひしひしと感じます。
温暖化で、100年後の地球が、人類が生きていられるかどうかが心配されているのに、温暖化対策反対を唱える国がある。
100年どころか、1000年単位でものを考えなければならないのに、今のことだけが最重要と考えられている。
私の命は、あと20年ぐらいかな、でも、子供たち、人類は永遠でなければならないのに・・・。

投稿: アン&アンコロ7 | 2007年8月27日 (月) 23:26

★アンちゃん&アンコロ7さん
100年後の地球・・どうなってしまうのでしょうね。
見たくないような、頑張って見てみたいような(爆)
温暖化対策に賛成も反対もないだろうと思いますが、
砂浜や北極がなくたって生きてゆけるなんて
思い上がってる人間がいるんですよね。あ~ヤダヤダ。
徳島はきれいそうだけど、海はつながってるからなぁ
やはりウミガメたちには住みにくくなっているのですね。
何百キロも旅して奇跡的に戻ってきたときは胃がゴミだらけ
なんて哀しすぎ。。。エアコンは使えども
ちゃんと環境のことも考えて暮らしたいと思います。

投稿: はるか | 2007年8月28日 (火) 09:26

おはようございます。
カメちゃん、可愛いですね^^
多くの赤ちゃんカメが、巣立ったのですね。
それにしても、手厚い保護ですね。
なんだか、不幸なワンとくらべちゃう・・・・
立派な親カメになって、また産卵に来てもらいたいですね^^

投稿: 小鳥 | 2007年8月28日 (火) 12:08

下の記事を読んでリッキーと一緒っていいな~って思って
いたんです。^^
今日の寝ているリッキーを見て益々いいな~と思いしまた。
和ませてくれますね。
カメのお話は忘れてしまいそうだけど。^^;

投稿: hotchai | 2007年8月28日 (火) 12:27

はるかさん こんにちは♪
全国のウミガメの産卵地では砂浜の侵食が年々激しくなっているようです。そのため今までにはみられなかった台風など自然災害によるウミガメの被害も報告されているとか。こうして孵化場を設けて、地道に孵化の支援をしても自然環境下よりもふ化率はどうしても低下してしまうし、運よく戻ってこられても数々の受難が待ち構えている。本当残念でなりません。
地球はすべての生きとし生けるものに平等に与えられたものなのに。森林伐採、大気汚染、温暖化。私たち人間の犠牲になっているのは人間の登場よりはるか以前の最古から生きづいてきた動植物たち。人間さえ闖入してこなければ自然の生態系の中でバランスよく保たれてきたのでしょうにね。
そうですよね、絶滅してからでは遅く、危惧種の中でも絶滅に瀕している種は年々多くなってきていますよね。 NPOの地道な努力ではどうにもならない低下した日本人のモラルには、国立の公園等としてお金をかけ整備をし保護していくしか道はないのでしょうか。だとしたらとても悲しく残念ですよね。国立公園になったとしても名ばかりであったり日本人は欧米人と違い、守るべき自然にお金を払うという意識がないのでまた違った問題も出てくるでしょうし、、、。でも今までのやり方では自然の生態系が保たれないのであればそれもいたしかたないのかなぁと感じています。
私はアラスカのデナリ国立公園に行った際、毎日違ったテーマで行われるフィールドプログラムに参加したことがあります。レンジャーが話す傍らで地リスが顔を出したり、コヨーテの遠吠えを聴きながらの野外授業のようなプログラムにとても感動した覚えがあります。日本でもそして日本の子どもたちもこんな素晴らしい授業を受けさせてあげられたらなぁって。
この先ウミガメの個体数がどうなるかはわかりませんが、兎に角今は一人ひとりが意識を変えなきゃ!ですよね。できることは身近にいくらだってあるのだから。先ずはこうしたところではたとえごみ箱があってもごみは持ち帰る!が基本ですよね。
かめというあだ名をもつ私にとっても海は大好きな場所であり海洋生物は宝なんです。私も未来ある子どもたちの世代まで守ってあげたい!それが私たちの責任であり義務だというはるかさんと同じ考えです。
今回も長々とすみません(--;)はるかさんの視点と似たところがあるのでしょうか?私にとってはヒートアップして大変危険なテーマ(笑)でしたが、私にも夏の思いでのおすそ分けをしていただき、また素敵なテーマをくれたことに感謝しています!有難うございました!何とも可愛らしい子カメたちですが、甲羅ってどんな感触なんですか?

リッキーくん暑くて辛いね~。でも秋はもうそこまで来ているよ♪頑張れ!

投稿: まっくす | 2007年8月28日 (火) 12:48

ああ~ 感動・感激の光景ですよね。
子カメたちは本当にすごい生命力ですよね。
「生きて海に行くんだっ!自分達の子供を残すんだっ!」って。
産まれ落ちてから自分で出口を探し開け、
そして、出てから自分の生きる道を困難で危険がいっぱいの道を歩き・・・。
そして、目的の海にたどり着いても安心できず。
それでもひたすら懸命に生きる姿。感動しますよね。
野生に生きる動物達、自分の力で生きる動物達を見ると
本当に人間の子供は、「なんて安全に守られて生きてるんだろう」
と思わずにはいられませんね。
まあ・・・ 今の世の中人間の子供たちも安全に遊べなくなったけどね・・・。悲しいね。
この子ガメたちが、素敵なパートナーを見つけて
たくさんの子供達を産み落としまた、その子供達が元気に
帰ってこられるといいですねっ♪
そのためにも、安全に出産できる素敵な砂浜を残していきたいですよねっ!!

ああ・・・ リッキー君。
気持ち良さそうだなぁ~ 風に揺れてるあなたのお毛が素敵っ☆

投稿: 麦ママ | 2007年8月28日 (火) 13:34

★小鳥さん
こんにちは!可愛かったですよ~子ガメ♪
そうですね、保護団体の方々の献身的な活動で、どれだけの
命が救われたかと思います。でも助けられるのはここまで。
多いときは日に3000匹放流しているそうですが
それでも誰ひとり帰ってこられないんですものね。厳しい、、、
不幸なワンたちを生み出しているのもまた人間、
恥ずかしい限りです。

投稿: はるか | 2007年8月28日 (火) 15:41

★hotchaiさん
生きてゆくのに何の苦労もない、
毎日お気楽に暮らすリッキー。私もだけど(^^ゞ
こんな姿、子ガメちゃんたちには見せられませんね。
あの子たち、誰にも食べられずに泳いでいるかなぁ・・・
しかし砂丘は暑かった!!倒れるかと思いました。

投稿: はるか | 2007年8月28日 (火) 15:54

★まっくすさん
コメントそのまま記事になりそうな素晴らしさw(゜o゜)w
改めて考えさせられました。いつも誠意のこもったコメント、
ためになるお話をしていただき、ありがとうございますm(__)m
野生動物と環境保護、まっくすさんの専門分野でしたね。
アラスカまで行かれたとは!スケールが違います。
コヨーテの遠吠えなんて感動しちゃうだろうな~きいてみたい~。。
え?まっくすさん、かめって呼ばれてるんですか?(笑)
思うに、日本人ってすごく現実的で、身近に感じてピンとこないと
ダメなんだと思うんです。やれ砂浜が減っています、なんて言われても
???って感じで。バーベキューも花火もいいけど、やりっぱなし
またはゴミ砂浜に埋めて帰るらしいですから・・情けない。
自分たちの後始末くらい、自分たちできちんとできんのかい凸(▼▼メ
でも、チャリティー番組なんか観てるとまだまだ捨てたもんじゃないな
って金額が集まるし、テレビで取り上げられたりして、「わかれば
できる」民族なんじゃないかと・・だから、マスコミにどんどん
環境問題、絶滅に瀕する動物たちが健気に生きる姿を
とりあげてもらいたい。浜松の海岸も、ようやく一部車の乗り入れが
禁止されたそうですが、行政にも協力してもらいたいですね。
国にもお金出してもらって。議員宿舎なんて建ててる場合じゃないですホント。
子ガメ、夜にかえった子たちだったので、もう甲羅もそれなりに硬くなり
手足の力もなかなかのもの、まぁミドリガメとおんなじでしたw
4センチくらいの卵の中にだんごむしのようになって
入っているそうで、孵化直後お腹の方はやわらかくて
しわしわだったりするんですって。あぁ可愛い^^
申し訳ないけど未だエアコンなしではしのげない毎日。
早く涼しくなって欲しいものですね。あとしばらく辛抱しましょう~、、

投稿: はるか | 2007年8月28日 (火) 16:37

★麦ママさん
ダブルコートのリッキーくん、やはり腹を風にあてるのが
一番涼しい、という結論に達したようです^^;
人間の子供たちも、何事もなく健康な大人になるのは
大変な時代だけど、野生の世界は更に厳しいですね~、、
波にもってかれた時点で、きゃ~~、、、って感じでした。
あんなか弱い、ちっこい子たちが大丈夫なのか~?!って。
あっという間に食べられちゃいそうです(>_<) 頑張ってほしいなぁ・・・
アカウミガメも戻ってこない、住めない海にしないためには
もう意識して守っていかないとどうしようもないところにきている、
そのことを具体的に、多くの人に知ってもらえたらいいなぁ
いずれ人間にだってかえってくることですしね。
あの子ガメたちの姿、しっかり覚えていたいと思います。

投稿: はるか | 2007年8月28日 (火) 17:00

来年は、子ども達を連れてここへ行こう、絶対。決めました。あとで、詳しい事教えてください。こういう夏休みもあるのだと、目からウロコでした。
小さな子ガメ、かわいいなぁ。今頃どの辺りにいるのでしょうね。負けるなよ。帰って来いよ~!

投稿: オリケン | 2007年8月28日 (火) 23:47

良い体験をされましたねー。

なんで「海」に帰るって知っているんでしょうね。
それだけでも感動します。

自然を大切にって、いくら言われても、意味がわからなきゃ ぴんと来ない。
でも、こういう場面を目の当たりにすれば、ずっと心に残るんでしょうね!

がんばれ 子がめ

投稿: つちまま | 2007年8月28日 (火) 23:56

★オリケンさん
可愛かったですよ~(≧▽≦)ね、今頃どうしているでしょう子ガメたち。。。
ちょっと遠いけど、是非是非お子たちと行ってみてください!
センターの方は子供に向かってとても上手にお話してくださるので
幼稚園くらいの子も胃の中から出て来た大量のビニールを見て
かわいそう・・って言ってました。よくわかると思います。

投稿: はるか | 2007年8月29日 (水) 08:44

★つちままさん
こんなちっこいのが何の目印もない大きな海をたったひとりで
旅してゆく。。なんともいえない気持ちになりました~
無事に戻ってきて欲しいなぁ。
それだけの為に行ったの?!なんていわれもしたけど
そうなんです、聞くと見るとは大違い、私も娘もこの体験を
通して、随分意識が変わったと思います^^

投稿: はるか | 2007年8月29日 (水) 08:52

うんうん、頑張れ~がんばって生き抜くんだよ~!!
ホントに祈るような思いで、思わず声をかけながら・・・
涙が出てきちゃいますよね~。。
言葉で聞くより、目で見て 素直な子供の心には、大切なものが響く。。
とても素敵な経験 流石です~はるかさん♪
海、山、川・・自然もこの夏の爪あとが、悪く、影響していく事のないよう、
大人も日々 考えなければいけない事がたくさんありそうです~。
・・・なんて 偉そうだけど(^^ゞ~学校が始まって(今日からです~)
すっごく喜んでいる私です・・・^^; 
息子は・・どよよ~んな顔で 登校していきました~(笑)
(^m^ )クスッ  リッキー君のお昼寝姿♪ 癒されます~(^^)

投稿: りこママ | 2007年8月29日 (水) 09:42

★りこママさん
えっ、もう学校?!はや~い。。羨ましい~(⌒m⌒)
8月中から始まっちゃうなんて、子供たちはどよよ~んでしょうね(笑)
うちは9月3日からなんですよー、、まだ宿題が残っている始末(ーー;)
この夏の爪あと・・そうですね。釣り糸、釣り針も大迷惑だし
直接浜に捨てたのでなくても山、川、どこかに捨てたゴミは
海に流れてきますしね。私もエラそうに何様?だけど
あの健気な姿を見たら黙っちゃおれなくなりまする。
頑張ってお母さんカメが残したかわいい命、一匹でも多く
つながって欲しいですね。がんばれ子ガメ~!
リッキーの写真、全然撮ってなくて、、まともなの撮ってやらねば^^;

投稿: はるか | 2007年8月29日 (水) 14:29

もっと多くの子供達に体験してもらいたいですね。
ウミガメの話や海を綺麗に保つ必要があるという話!
話だけじゃ理解できない・・・っと言っても
その話すら無いのが今の状況かも!
特にココは海の無い埼玉県だもの。
でも、夏になれば海を求めて色々な場所に出掛け
海を汚してしまうのは、逆にそうゆう人達の方が多い気がします!
子ガメが帰ってきた時に安心して産卵できる環境を
みんなで努力して残してあげたいですね!
まずは、みんなで生活排水に気をつけましょう!!

投稿: ネオママ | 2007年8月29日 (水) 17:26

★ネオママさん
ですよねー、日本の下水道普及率の低さといったら
それで先進国か?と物笑いになっているというし・・
台所洗剤とか特に環境に優しいものを、と考えます。
地元の人が一生懸命こういう活動をしているのに
よそからきた人が無神経なことをしてゆく・・・
それはやっぱり何も知らないせいもあるんですよね。
子供たちには今すぐにはわからなくても、まずは興味を
もつきっかけになってくれればよいし、こういう活動を
してくださっている方々には頭のさがる思いです。

投稿: はるか | 2007年8月29日 (水) 21:54

うう・・泣けるよぅ。
海亀ちゃん、がんばって戻ってきてね!

それにしても、はるかさんもはるかさんのお嬢ちゃまもとてもやさしいし心が豊かね。
こんな経験をしに出かけてるんだもん、やさしくないわけがないです。
お嬢ちゃま、きっととても素敵な女性になるわ。
はるかさんのようにね♪

投稿: ベレー | 2007年8月30日 (木) 16:15

★ベレーさん
いやいや、ラクな方面白い方に流されっぱなしのバカ母と
重いもの、汚いものには一切手を触れぬワガママ娘ですが、
あんなちっこいのに厳しい生存競争にもまれるのかと思うとね、、
思わず、がんばれ~、と言ってしまいました(T^T)クゥー
大変だったね。そんな時にありがとう!

投稿: はるか | 2007年8月30日 (木) 21:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« パワーの源 | トップページ | もう9月 »